cover image
page icon

UXエンジニア

募集概要


almaではたらくUXエンジニアは、ユーザーの行動をコードによって実現する役割です。
CocodaもCocoda BoardもPMFを模索している状況であり、ユーザー行動の観察を通して、課題を射抜くシンプルな製品へと実装することが求められます。
 
アウトプット例1:ユーザーインタビュー
サービスの利用者、非利用者へのインタビューを通して、ユーザー課題を見極めます。
notion image
 
ユーザー情報〜課題〜施策はCocoda Boardにまとめています。
notion image
 
 
アウトプット例2:プロジェクトの起案・推進
発見した課題がプロダクトを通して解決できそうであれば、プロジェクトを起案し、進めていきます。
どのようなプロジェクトがあるのか、どう運用しているかなどは、直接お話したときにお伝えします
どのようなプロジェクトがあるのか、どう運用しているかなどは、直接お話したときにお伝えします
 
notionへ目的や簡易な仕様をドキュメンテーションしながら、「どうすればミニマムな形で課題が解けるか」を見極めていきます。
 
 
アウトプット例3:実装
プロジェクトと連携しながら最適な解決策の実現方法を検討し、価値を届けるところまで責任を持ちます。バックエンド・フロントエンドは分け隔てなく開発することが多いので、未経験の領域であっ抵抗なくチャレンジできる方には楽しい環境だと思います。
notion image
プロダクトリサーチチームとも連携しながらリリース前には検証したいことを洗い出し、リリース後に検証できたことや学べたことから新たなプロジェクトの起案など次の動きに繋げていきます。
 

必須スキル


  1. 顧客の行動を観察、適切に言語化・可視化できる力
  1. 顧客の課題に対して、プロダクトに足りないものを実装しきる力
 

歓迎要件


  1. 自社サービスの仕様決定・機能開発経験
  1. 自社サービスのユーザーインタビュー経験
  1. 初期フェーズのサービス開発経験
 

求める人物像


  1. サービス設計 (サービスデザイン) へ自分なりの主張がある方
  1. 課題を解決するシンプルで美しい形を追究できる方
  1. ユーザーとコードへの深い愛がある方
  1. 価値に合わせてつくったものを柔軟に壊したりつくり直せる方
 

技術スタック


  • 開発言語:Ruby, TypeScript
  • フレームワーク:Ruby on Rails, React, Next.js
  • データベース:MySQL, ElasticSearch
  • インフラ:AWS ECS, ECR, S3, AuroraDB
  • その他:Docker, RSpec, Tailwind CSS, aspida, SWR など
 

使用しているツール


  • タスク・ドキュメント管理:Notion
  • サービス設計ツール:Cocoda Board
  • デザインツール:Figma
  • バージョン管理:GitHub
  • BIツール:Redash
  • コミュニケーションツール:Slack
 

給与


  • 350~720万円 (相互評価によって決定 / 事業の成長に伴い給与アップを想定)
  • + ストックオプション
 

勤務地


東京本社 (中目黒) もしくはリモートワーク
 

雇用形態


正社員
※試用期間:入社後1ヶ月
 

勤務体系


  • 稼働時間:裁量労働制を採用、各メンバーが自由に稼働時間を選べるようにしています。 *多くのメンバーは平日の10:00~19:00をコアタイムにしています
  • 休日休暇:完全週休2日制(祝祭日、年末年始等)、クリエイティブ休暇(有給) *入社半年後に付与
 

その他


プロダクトデザインに関わるalmaでの活動事例をCocoda上に掲載しています。almaのプロダクトデザインチームで活動するイメージとして役立てると幸いです。
職種を超える共通言語について〜デザインとコードの狭間で〜
alma の Product Research チームに所属している @yokinist です!普段はプロダクト戦略とリリースの乖離を検証しながらロードマップをつくる役割を担っています。慣れないことばかりですが、日々ファイトしています🔥 今回紹介する、almaの新規プロダクト「Cocoda Board 」の開発時にはリソースの観点から、POと開発チームの橋渡し役として 全力で開発に向き合えるような環境を整える役割、そして主に フロントエンドの実装 に関わっていました! ちなみに:Cocoda Board とは alma が提供しているユーザーの行動・課題・施策アイデアを分かりやすく整理し、チーム全員の納得感を生みながら確信度の高い設計を行えるプロダクト体験管理ツールです。 詳しくはこちらのプレスリリースから👇 かつてないほど「スピーディかつ、手戻りなく進める」ことができた(5月中旬から Cocoda Board の開発に着手し、7月5日にトライアルリリースに漕ぎ着けることができた)ました。チームの皆のおかげでもありますが、大きい鍵は 「問題が起きがちなポイントそれぞれにチームの共通言語となるアウトプットを持ち続けられたこと」 でした。振り返りながら、具体的にどのようなことを意識し取り組んでいたか赤裸々に紹介していきます🙌 デザインをガッツリと完成してから実装を始めるとなると、とても時間がかかってしまいます...。限られたリソースと限られたスケジュールでリリースするために、Cocoda Board の開発時には デザインのUI作り込みと実装は同時並行で進めていました !どのようにして、同時並行のワークフローを実現していたのか紹介していきたいと思います。 同時並行ワークフローでは 「スピードが出る」「手戻りが少ない」 という大きく2つのメリットがありました!それまではデザインを作った後に実装上で論点となりうるものが出てきて、すり合わせてデザインを作り直すといったことが度々起きてしまっていました🥲 使ったツールは Figma、そして Tailwind CSS / UIです! UI を磨き込む前に、まず簡易な情報設計図を Figma で整理しました。当時 Cocoda Board の PO 兼 UI デザインをリードする @greatest_hiroki がプロトタイプをもとに情報構成レベルで図式化してくれました。一目で全体像を理解でき、リアルタイムで更新できるのはとても便利でした💡 一気に解像度があがり、それをもとに 実装上の論点や潰しておくべきポイントを見極めコミュニケーションをとりながら認識を揃えていくこと ができました!横にそこで話したことなどメモを残しています。 また、特に走り出した新規プロダクトの開発では検証をしないといけない機能も複数あり、どこまでが確度高く開発を進めていいものかが分かりづらく混同してしまいます。そこで、「未検証でまだ確定していない部分」を半透明にすることで明示的に表現していました。 Tailwind CSS はフロントエンドのスタイリングで採用した技術でした。初速を出したかったので、 Tailwind UI という公式のテンプレートを購入し デザインデータも合わせて活用しました。早めの段階で導入の意思決定をしたため、とにかく作って壊して作り直すことが求められる プロトタイピングでも役に立ちました ! UIデザインをする上でも0からつくるのではなく、Tailwind UI にテンプレートとして使えそうなコンポーネントがあればファイルを拾ってきて拡張やカスタマイズする方針を取っていました。Tailwind CSS が良いのは、柔軟に組み合わせることができるので 自由度が高いことと、値や命名の制約を設けることで 余計なことに迷わない ことでした🧚 実装の仕方は無限のようにあります!人によって書き方や実装の仕方が大きく異なると、特定の箇所を特定の人しか運用できないようになってしまいます...😭 そこで、 「こんな時は、どのような書き方を推奨するのか」「それはなぜなのか」といったものを迷う度にメモに残し、スタイルガイドとしていました。迷ったことがあれば、すぐ Slack などで相談をして、チームとして認識を揃えることで、 レビューする観点も明確になり とても役に立ちました!(ちなみに、GitHub レポジトリの README.md に最初は書いていたんですが、リアルタイムに書き込め・参照できる Notion に軍配が上がり移行しました) トグルの中に内容がはいっていて、クリックすると開きます バックエンド・フロントエンドの連携についての方針は ...
 

almaメンバーと話してみませんか?


UXエンジニアやプロダクトデザインチームに興味がある方、ぜひぜひお話しさせてください。
事業のことや組織のことについては [ alma採用情報 ] をご覧ください 。
※ 回答いただいた方にはなるべく3営業日以内にお返事いたします。